専業主婦キャッシングをWEB完結させるならイオン銀行カードローン

専業主婦借入枠 年利 13.8%  最高限度額 50万円

専業主婦借入枠 実質年利 借入限度額
最高50万円 年3.8%〜13.8% 最高800万円
イオン銀行カードローンBIGのメリット

パートなどで定期的収入があるならサービス・審査充実のココ


プロミス

実質年率 年4.5%〜17.8% 借入限度額 最高500万円

実質年利 借入限度額 編集部オススメ度
年4.5%〜17.8% 最高500万円 評価5
プロミスのメリット

 

金利 年4.7%〜18.0% 借入限度額 最高500万円

 

実質年利 借入限度額 編集部オススメ度
年4.5%〜17.8% 最高500万円 評価5
アコムのメリット

総量規制を理由とするキャッシングでは本当に専業主婦の利用はできないのか?

専業主婦の人がキャッシングを利用する場合、その選択肢が限られます。

 

キャッシングといえば専業主婦に限らず多くの人がアコムやプロミスといった消費者金融業者をイメージするかもしれませんが、専業主婦の場合はこれらの消費者金融でお金を借りることはできません。

 

これは、消費者金融業者が「総量規制」という法律の規制を受ける融資を行っているためであり、この総量規制では年収の3分の1を超えて融資を受けることはでいないと規定しています。

 

つまり、消費者金融でフリーキャッシングを利用するのであれば総量規制という法律の関係からそもそも年収のない専業主婦の場合は融資を受けることができないのです。

 

ではどこからなら融資が受けられるのかといえば、銀行からであればキャッシングの利用が可能です。

 

銀行は消費者金融と異なり「銀行法」という法律に基づいて融資を行っていますので、総量規制という法律の規制は受けずに利用することができるのです。

 

では消費者金融ではどうしても専業主婦がキャッシングを利用できないのかといえば、実はそうともいいきれません。

 

総量規制の対象となる融資とは、「使用目的が自由」なキャッシングであり、いわゆる各消費者金融業者が主力商品としている「フリーキャッシング」がこれに該当します。

 

しかし、総量規制には「除外貸付」として不動産や自動車の購入に必要な資金の融資や、「例外貸付」としての借換契約、医療費などが設定されており、こうした目的に使う融資であれば総量規制の対象からは外れます。

 

つまり、総量規制の除外貸付や例外貸付であれば、年収の3分の1といった制約もなしに利用することが可能ということになります。

 

もちろん実際に消費者金融業者でどこまで目的別ローンが受けられるかという点については相談してみなければわかりませんし、確実に融資を受けたいのであれば銀行という選択になりますが、総量規制にはこうした側面もあるということを理解しておくと良いでしょう。

 

プロミスクレジットカードは現在発行しておりませんのでクレジットカード審査に困っているのならアコムクレジットカードを申込みましょう。